Img_c51323533531b57c9df4ee2851ba12ab
ブルーマンション
Img_8b33ddb4f7e3653922559c251bdd4df6
ブルーマンションの中庭
Img_046c6a141ff5ba457c55d8e971c0f6cf
ピナン・プラナカン・マンション

ペナンに行ったら絶対に見ておきたい建物を2つあげておきますね。


⭐️ブルーマンション
通称ブルーマンションと呼ばれている真っ青な邸宅は、19世紀末に7年かけて作られた建物で、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の映画『インドシナ』の撮影に使われたことでも有名。

現在はホテル兼レストランとして使用されていて、1日3回だけ英語と中国語のツアーがあり内部を観察することができる。ペナンに行ったら、この『ブルーマンション』は絶対訪れたい建物で、東洋のロックフェラーと呼ばれた客家系中国人チョン・ファッ・ツィーが、7番目の奥さんのために作ったもの。

伝統的な華南スタイルの建物でありながら、細部には西洋の装飾が施されている。その立地から構造や内装にいたるまで、徹底的に風水にこだわり作り上げられたという。

建物の外壁や建物内の中庭や階段、壁や調度品、どんな細部に目を向けても美しい文化の融合が感じられる。


⭐️ピナン・プラナカン・マンション
広東出身の客家系中国人チュン・ケン・キーの屋敷は、現在は美術館として開放されている。エメラルドグリーンの建物は中国様式、それに西洋風の装飾的要素を取り入れたプラナカンスタイル。

家具や食器類、当時の贅を尽くした美しい刺繍の入った衣類など、プラナカンのスタイルをとてもわかりやすく観ることができる。


今日は仕事であっちこっちに行っていて、会議もいくつか入っていたので遅くなりそうだった。

晩ご飯は手抜き料理にしようと、出汁を仕込み、お米を研ぎ炊くだけにし、切った玉ねぎを出汁に入れ牛丼を煮るだけにしておいた。


LINEのやりとりで、Kが先に家に帰り、ガスに火をつけてご飯を炊き、出汁を引いて晩ご飯の支度をしてくれているようだった。

八丁堀で仕事が終わった時には雨が降り出していた。途中、四谷を通った時には雨はほとんど止んでいるようだったのだ。

そこでKからLINEが入った。


「傘持っていこうか?」

「大丈夫だよ。小降りだろうから走って帰るよ」

「はーい」


駅に着いて、僕は小走りに改札を抜けて外に出ると、土砂降りの雨だった。スマホにはいくつかメールの着信が来ていたが帰りを急ぎ土砂降りの中走ってみた。

あまりの雨にずぶ濡れになりセブンイレブンに入りビニ傘を買って外に出た。


少し歩くと、向こうからハーパンのKが傘を差しながら傘を1本持って歩いてくるのが見えた。

土砂降りの雨の中、駅まで傘を持って迎えに来てくれたのだ。(見なかったスマホにはKから迎えにいくというメッセージが来ていたようだ)

土砂降りの雨の中ふたりで歩いていると、向こうから奥さんが傘を持ち駅に向かって歩いて来た。きっと旦那さんがお子さんを迎えに行くのだろう。


「Kちゃんと一緒だね」

「うん」


家に帰ってずぶ濡れの洋服を脱ぎ、すぐに温めてあったご飯をふたりで食べた。

ふたりで食べるご飯はおいしくて、家中がやさしさに包まれていた。

Img_ab6883efd6d2114f46d6db1dcdc16e82
Penang Char Koay Teow
Img_6dc44536c99b01e51e7cfc4438b9e80a
ラクサ
Img_052266b98bff183943e3b06c460df119
チキンカレー
主に中国の福建省から渡って来た男性と、イスラム教ではない現地の女性が結ばれることによって、長い時間をかけて独自の文化(プラナカン)を作り上げて来たということは、前回のプラナカン文化の時に触れた。


そのプラナカン文化の中で欠かすことの出来ないものが『ニョニャ料理』と呼ばれるものだ。ニョニャとは、女性を表す言葉でもあるようで、食事は女性が作るものとされていたそうだ。

ペナンの友人に連れられて、彼らが美味しいと思うニョニャ料理をいくつか食べに行った中で、とても美味しかったものをここに書いておこう。


⭐️Penang Char Koay Teow
ライスヌードルを炒めたもので、具材は海老、赤貝、鶏皮、ニラ、もやし。タイのパッタイのように甘くはなく、辛みがあるが奥深い味わいがある。これは赤貝などが入っているためで、人によってはこの赤貝を生で入れろとオーダーする。ペナンで食べた中では、一番美味しかった麺。


⭐️ラクサ
オーストラリアでも、タイでも、ベトナムでも、シンガポールでも食べられるほど有名な東南アジアの麺料理だけど、ラクサ自体はペナン出身の料理だそうだ。他で食べるよりも甘みがなく、酸味が仄かに感じられて魚介の旨味が効いていて美味しかった。


⭐️チキンカレー
インド人街があるくらいインド系の人が多いので、ニョニャ料理にもインド系カレーが普通に置いてあり、どこで食べてもとても美味しかった。


⭐️牡蠣入り卵焼き
台湾にも同じようなものがあるのだけど、よりスパイシーでこれはこれで美味しかった。

Img_4d1f874720f1e3ed782d45ed520f05d3
インスタ映えする壁画が町中にある
Img_9947c28b722c906b7937d59a4bff22c2
どこを切り取ってもアートだ。
Img_890e6e28173f2ced1eac50d90f809e1a
不思議な調和。

ペナンの町中を歩いていると、いたるところでアートに出会う。

有名なものは壁画で、これは、町中の壁面に様々な絵画や落書きが描かれていたり、立体物がついていたりする。


前回ここにも書いたプラナカン文化は町の中にも溢れていて、何気ない風景の中に様々な文化が混じることによって生まれた独特の調和を見ることが出来る。


英国の影響を受けた構造に中国の緻密な装飾、そこにマレーの混沌が混じり合い、個性的な建築が目につく。

それぞれの建物がまるで好き勝手な色を塗られていて、それがまた不思議な世界観を演出している。


一本のメインストリートの中に、中国系の仏教の寺院、イスラムのムスク、インドのヒンズーのお寺、キリスト教の教会などがある。

様々な違った文化がミックスしている環境で育つことは、自分とはまるで違う他者の存在を認めるという考えが初めから培われるに違いない。

Img_40eca45193447d0225d9ffa91f836bae
結婚式の写真

シンガポールに住むJ&Lカップルは、その昔、香港で出会った。彼らは出会った時に確信したそうだ。


「これは僕のソウルメイトだ」と。

「ただし?ソウルメイトの意味、わかるか?」と彼らからは何度か聞かれたことがある。


Lはその昔、女性と結婚していたというのだから驚きなのだけど、別れた奥さんやその子どもが何人かいて、ご両親もいて、更に孫まで何人かいるような大家族なのだけど、JとLはそのままつきあいはじめ、家族にも少しずつカミングアウトをし、家族中に認められていったのだった。

実際には、Lの家族ははじめから理解が早かったようだけど、Jの家族は保守的で、認められるまでに時間がかかっているようだ。

そんなふたりはやがて、家族や友人たちを招いて結婚式をあげた。そしてその何年後かに、念願だったLの育ったペナンに新しい家を買い、完成してハウスウォーミングパーティーを開いたのだった。



一等地に立つコンドミニアム(日本では高級マンション)にタクシーで降り立つと、巨大な高層マンションが2棟くらいあり、どちらなのかその何階なのか聞いていなかったな・・・と思い、守衛に彼らの名前を告げると、黙ってそのままエレベーターまで案内された。

エレベーターが上がって行き、守衛が押したボタンの階が開くと、ドアなどはなくそのまま彼らの家の玄関を開けた状態になっていたのだ。


「何これ?全部彼らの家なの?」


中に入るとすでにゲストが到着していて、キッチンではこの日お願いしたシェフが料理を作っていて、シャンパンやフィンガーフードをサービスする人たちが何人もいた。

リビングだけでも100平米はあるだろうか?リビングはそのまま外までつながっていて外にもソファやジャグジーもあり、遠く真っ青な海が広がっている。

寝室も80平米くらいあるだろうか?眺めもよく、いつまでも海を見ていたい感じ。トイレやシャワー、浴槽は別の部屋にあって海が見渡せて、今まで僕が泊まったどんなホテルよりも豪華で広かった。

とても広い客室が他に2つあって、それぞれトイレとシャワーがついていて、ホテルの一部屋分以上50平米くらいあるだろうか。


Lの仕事もあり、世界中を旅行している彼らは、間もなくリタイアするのだろう。

バリ島に豪華なヴィラもあるし、シンガポールには相変わらず高層マンションがあるのだけど、彼らは家として故郷のペナンを選んだのは、やっぱり彼ららしいと思う。

ふたりはいつも、揺らぐことにない愛情に包まれていて、ひとつひとつ夢を叶えていく。

こんな風に人生を生きている友人たちがいることを、誇らしく思うような一日だった。

Img_7161c40b67a7ef817d90a36c6ff9fa99
Img_dd258e981216c114113ddba7390613b8
Img_9f4e05314a46b9f4db5d42cc529e8678

まさかペナンにゲイバーがあるなんて思わなかった。だって、先日もマレーシアではレズビアンカップルが公開鞭打ちの刑に会っていたではないか。

イスラム教の国では同性愛が罪になる国が多く、マレーシアでも県によって法律が違うようなのだ。ペナンに関しては中国系移民が多いため、同性愛が見つかったとしてもそんなことにはならないらしい。


ペナン在住の友人について歩いてゆくと、ホテルのすぐそばに何やら古い建物があった。その店のドアについているボタンにパスワードを入れたらドアが開き、中には驚くような不思議なゲイバー空間が広がっていた。

壁には男性ヌードの油彩画が飾られていて、ギターを弾きながら歌を生で歌っている人がいる。

吹き抜けの天井があり二階はソファがいくつも置かれてラウンジになっている。その壁のいたるところに、ゲイアートならではの作品が飾ってある。


黒人のドラァグクイーンが出てきて素晴らしい歌を披露したり、マレー系、インド系、中国系、アジア人、白人、様々な人種が混じり合い楽しそうに飲みながら話している。

こんな秘密基地なような素敵なゲイバーがペナンにあるなんて、本当に驚き、感動したのだ。


パスワードを押して入る隠微な世界。ペナンのゲイバーには、国境や時代を越えた自由な空気が広がっていた。

⭐︎69 (Click!) 
Img_73cda23acc0e2ebe97f801b5d2f151cb
Img_d30d63998d90c9a98d9ac906f3d3957b
Img_6e7350ff922bca63e1ec663832d8531d

夜は、僕たちの宿泊しているホテル『seven terraces』のレストランでパーティーが行われた。

集まったのは、シンガポールのJ &Lゲイカップルの友人たちで、40人くらい。28人は海外からこのパーティーのためにやってきたと言うのだからすごい人脈だなあと感心してしまう。


僕のテーブルには、J &Lカップルに、イタリアと台湾のカップル、香港の男女のストレートカップル、ニューヨークからのゲイ、香港からのゲイ、日本からの僕たち。

シンガポールから運ばれた美味しいワインとこの地方ならではのニョニャ料理をいただいた。食事の後半からは、みんなどんどん席を立って、知らない人のそばに歩み寄り会話が広がっていく。

友人の友人というだけで、親しみが増し、皆和やかにつながっていく。こんな風に世界中の人と楽しい食事が出来るのも、彼らの人柄のなせる技だろう。


⭐︎KEBAYA DINNING ROOM (Click!) 

Img_2caf6f8445bb9e7329fd7a1579d96356
フロント
Img_c88bad8f4cc7eac97fde6ea122c6e264
中庭
Img_57f56a83ac41c13ac2a4a7a6ba2c18bf
部屋

夜21:40のフライトでクアラルンプールへ飛び、マレーシアの小さな島ペナンに着いたのは、朝の9時を過ぎた頃だった。


シンガポールに住むゲイの友人カップルが、ペナンに自宅を作ったので友人たちを呼んでハウスウォーミングパーティーをしたいというので、その誘いに誘われて二つ返事で遥々ペナンまでやって来た。

「フライトが取れたら、こちらでの滞在はすべて僕たちが持つからね」


ペナンの空港に降り立つと、彼らが手配してくれたようで、僕たちの名前を書いたボードをマッチョなマレー系の色黒のお兄さんが持っていた。

彼に運転してもらいホテルに入ると、それはいままでの人生で見たことのない、いくつかの文化が合わさって別の文化になった文様とデザインが出迎えた。


15〜16世紀に中国の主に福建省からマレー半島へ渡った中国人男性と、地元女性(イスラム系でない)との間に生まれた子孫を『プラナカン』と呼ぶらしい。

元々は国際貿易港マラッカに居を構えていたが、英国の植民地化に伴いペナンやシンガポールに多くが移住した。

プラナカンは植民地政府と良好な関係を結び、ヨーロッパとの交易を通じて巨万の富を築き、衣食住全般に渡り贅を尽くし繊細で独特な『プラナカンスタイル』を作り上げた。

西洋と東洋の文化の複雑な融合は、他の国では見たことのない不思議な色彩や文様、スタイルに感じられる。


広々とした洋館の敷地内に18室ある部屋はすべてスイートで、館や部屋の随所に『プラナカンスタイル』が取り入れられているホテル『seven terraces』は、異国情緒たっぷりで僕たちを迎えてくれた。

⭐︎seven terraces (Click!) 

成田エクスプレスを降りる時に、棚の下段に置いた重たい方の僕のオレンジのトランクをKが持って来てくれるだろうと、僕はKの少し軽い紺のトランクを中段から取って先に電車を降りた。


少しして降りる人の後からKが降りて来た。

エスカレーターに向かって歩いていたら、突然Kが叫んだ。


「ただしくん、手が切れたみたい」


見ると、Kの右手の甲が、荷物を取り出す時にトランクの上の金属に擦ったようで、縦に皮膚が剥がれ出血していた。

成田空港で薬局を探して絆創膏を買い、トイレで血を洗い流してKの手に絆創膏を貼りながら思った。


「僕の手だったらよかったのに・・・」


金属に擦られて手が切れたとしても、僕のゴツゴツした手ならば、傷ついていても大して目立たない。それに比べてKの手は、手タレなように綺麗な手なので、傷を見るたびに後悔している。


「僕がオレンジのトランクを取ればよかった」と。


自分のたいせつな人が傷つくのならば、自分が傷ついた方がよいと思う。

父や母も、僕たちを育てながら、そんなことを何度も思ったに違いない。

火曜日に、18:30の開店前に新宿二丁目のぺんぺん草に行って、まだ開いてなかったので店の前でしばらく立って待っていたのだ。

マスターのひろしさんは、滅多に遅れて来ないからすぐに来るだろうと…


15分くらい待っても来ないので、一旦晩ごはんでも食べてからまた来ようと思い、三丁目の店に食事に。食事から帰って19:30過ぎて、ぺんぺん草に電話を入れるも誰も出ない。

何かあったのかもと思い、ひろしさんの家に電話をかけても、誰も出ない。(因みに携帯電話は持っていない)

お店に行っても店は閉まったまま、何の貼り紙もない。(何かの都合で休業の時は、大抵貼り紙がある)


諦めて家に帰り、ひろしさんの家にまた電話をかけるも、留守電が流れるだけで誰も出ない。メールにも返信がない。

水曜日になり、友人にLINEを送り、何か手がかりはないかと問いかけるけど、何の手がかりもない。


会社から何度か電話をかけても繋がらない。


「ひろしさん、もしかしたら、家でひとりで倒れているのかも…」


73歳だし、何かあったのかもしれない…そんなことを思いながら過ごした。



散々心配して夜も眠れなかったのだけど、先ほど友人を通じてひろしさんのお母様が亡くなられて実家に帰ったということがわかった。

取り敢えず、ひろしさん自体は無事だったので安心したのだけど、連絡がつかなくてとても不安だった。


ひとりで暮らしているゲイの年寄りの友人たちの安否は、こんな時にとてもわかりづらい。もしもの時にどんな風に連絡を取るか、日頃から決めておかないといけないと思ったのだ。

Img_d4b6fedfd1616792946b58eb8080a7e1
ターネル
Img_9ea959834c28d7215d4502323c050813
名前がわからない花
Img_76cd6443637cfadf8856ade4eb022035
トカゲ

石垣島から帰って1週間以上経つのだけど、石垣島で出会った不思議な植物や動物のことが忘れられない。


写真1枚目は、小浜島のカフェに咲いていた黄色い花は、本州では見たことがなく、名前を聞いたら『ターネル』と言っていた。葉の緑が鮮やかで光沢があり、ヤマブキのような黄色が映える。


写真2枚目は、ホテルの庭に咲いていた不思議な花。提灯のようにぶら下がり、エキゾチックな形。


写真3枚目は、小浜島で展望台に登っていた時に出てきたトカゲ。尻尾の色の美しさに驚いたのだった。


石垣島が忘れられなくて、また次の石垣島行きのチケットを買ってしまった…。

Img_9ecef2a55ea2eaac198becb2d1fbacea

ピクサーの20周年記念作品である『インクレディブル・ファミリー』。

まるっきり子ども向けのアニメーション映画だと思っていたのだけど、意外と見ている時間は楽しく過ごすことの出来る映画だった。


普段は普通の家族なのだけど、緊急時にはヒーローとなって社会の平和を守る家族の話。

一人ひとりのキャラクターが面白く、ヒーローになった時のチカラにも個性がある。


『トイ・ストーリー』を作っているピクサーって、いったいどんな会社なんだろう…?と思うのだけど、技術の発達によってアニメーションの可能性がどんどん広がっていくのを感じることが出来る作品。

きっと子ども心を持ったおとなたちが、信じるもののために楽しく働いているんだろうな。

⭐️インクレディブル・ファミリー (Click!) 

Img_ace6930ee00998c01a3a47ebc699a47c

明治通りを、伊勢丹から高島屋に向かって歩いて行く途中に、『CAFE STANLEY』はある。


カフェという名前のくせにお店はびっくりするほど小さく、六畳くらいだろうか。

店内で飲み物を飲むことは出来なくて、飲み物を買って持ち帰るスタンドのような店。


この店、Kとふたり歩いて通り過ぎてから、びっくりして引き返して来て中に入ったのだ。

なぜびっくりしたかと言うと、中に入っているふたりの店員さんが、ガチムチのイカホモだったから。

何というか、200メートルくらい離れていても、ゲイだと思ってしまうようなオーラを放っているのだ。


笑いながら興味津々で僕たちが中に入っていくと、向こうも同じことを考えていたように笑いながら接客してくれた。

こういうあからさまなゲイテイストが、二丁目以外の東京にもどんどん表立って出てきたことがうれしく感じられた。(もしかして100万分の1くらいの確率でストレートかもしれないけど、明らかにゲイテイストなので行ってみてください)

香港式飲料とスイーツが楽しめる。
⭐️CAFE STANLEY (Click!) 

Img_fab5410c59bba38f57d9ca75c699ce0f

『レバノン』と聞いて思い浮かべるのは、パリやロンドンで食べた野菜たっぷりのレバノン料理。

それ以外にレバノンのことを、あまりにも僕は知らずにいたのだけど、アカデミー外国語映画賞にレバノンではじめてノミネートされた映画『判決、ふたつの希望』は、ジリジリと手に汗握る恐ろしい映画だった。


自動車の修理工をしているレバノン人の男と、その男の住む通りの改装工事をしているパレスチナ人難民の男の物語。

本当に取るに足らない些細なことで思わず口を出た言葉から、小さな諍いがはじまり、やがて事態はどんどん大きくなり、ついに国中が注目するほどの法廷闘争へと膨らんでゆく。


はじめは小学生の男の子同士のどうしようもない喧嘩に見えた諍いは、やがて我々自身の中にもあるエゴや譲れない気持ちに変わっていく。

そして次第に隠蔽されていた中東の長きに渡る憎しみが浮かび上がってくる。


人間としての誇りや自尊心、そして人を赦すということの難しさを描いた素晴らしい作品。

⭐️判決、ふたつの希望 (Click!) 

Img_b0991ffb8f0171eaa88291c81599c28f

海でシュノーケリングをする時には、ライフジャケットを着用している方が安全に楽しむことが出来る。

海の家などがあってライフジャケットを貸し出してくれるところならば安心だけど、ほとんど人のいないような海岸で泳ぐ時は、穏やかな海に見えても離岸流が場所によっては起きていることがあるので注意が必要だ。


今年になって高知の海に行く前にアマゾンで調べて、空気を入れるタイプのライフジャケットを購入した。

コンパクトに畳めるので持ち運びが容易で、背面の二箇所から空気を入れるのもそんなに手間ではない。


浮き輪状になっているため、尖った岩や枝などには注意が必要だけど、旅行に持ってゆくライフジャケットとしてはこの値段でこの軽さはありがたいと思う。

今年の夏は、もう終わったかに見えるけれども、実は僕たちの夏はまだ終わっていないのだ。


⭐️Hele i Waho(ヘレイワホ) スノーケリングベスト 旅行に便利な最小サイズ インフレータブル シュノーケリングベス  (Click!) 

Img_4111362f6e2dacb4235ba8b768b19898
Img_cdca46d5c13523f504e93776f96905f0
石垣島の雑貨屋さん『KAYAK』で、Kとお揃いでT シャツを買った。


このTシャツは、店主のパートナーの方がデザインされているとのこと。

一昨年は5と4の数字をモチーフにしたTシャツを買ったのだけど、これがとても評判が良かったのだ。(5と4の数字は、八重山地方に伝わる文様から来ていて、いつの世までもふたりが結ばれていますように…という願いが込められている)

今年はこの牛のTシャツを、僕は白を、Kは地味な色が好きなのでグレーにしようとしていたところ、店主さんに言われて黄色に変更していた。


僕とKは、ふたりのお揃いのものがどんどん増えていくけど、ふたり揃って同じものを着ることはまず滅多にない。

なんとなくその服を着たいと思う日にちが違うのだろう。不思議ですね。


⭐️KAYAK (Click!) 

Img_04a9606f442bb8d65035d57e3bc208d6
島野菜の天ぷら
Img_5875577436f3e3648bad92c8c3ebe20b
塩漬け豚バラ肉焼き
Img_b50850dc1400417b65e0034da54b24e6
揚げ出しジーマミ豆腐

石垣島のレストランを食べログで調べると、いつも上位に入ってくるお店はすべていっていたのだけど、ひとつだけ行っていない『森の賢者』という店がずっと気になっていた。

今回予約を留守電に入れると、店主から携帯で電話がかかって来た。


お店は、カウンターが7席くらい。テーブルが10席くらいだろうか。店員さんは男性(60歳くらい)の店長と、同じくらいの女性。(ただし、夫婦ではない様子)。人気店のため、ほぼ満席で、食事中もお客さんがずんずん入ってくるのだけど、当日は運がよければ入れるといった感じ。


料理は、『身体にいいものを考えて作られた意識の高い料理』とでも言おうか。

お通しの『ゆし豆腐』は、この店の姿勢を現していて素朴ながらしみじみと美味しい。豚バラの塩漬けを焼いたものは、豚肉が熟成されていてお酒が進む。

『揚げ出しジーマミ豆腐』は、今まで食べたことのないコクのある食べ物に思えた。

店の看板商品である『島野菜の天ぷら』は、その時期に捕れる野菜を揚げたもので、僕たちは半分の量にしてもらったけど食べたことのない沖縄野菜はどれもとても美味しかった。

お店の中にはさまざまなアルコール漬けの果実酒が置いてあり、店主の考えが伝わって来た。


忙しそうだったのでほとんどお店の人とは話すことは出来なかったのだけど、今度ゆっくりと行ってお話出来たらいいなあと思う。きっと、若い頃からシェフだった人ではなく、脱サラなどをして自分の信じる料理を作る道を選んだのではないかなあ・・・と思わせる、意志を感じさせるお店だった。


⭐️森の賢者
0980-83-5609
沖縄県石垣市字新川49-2 1F
 (Click!) 

Img_3e41279d7ebee7b5108a0832295419cc
あおさの天ぷら
Img_dfe388e3c21d4285727a66ee98fa3565
揚げ島豆腐のにんにく醤油
Img_3cc85cd5d61adeea30f5e859acc276de
イカスミ炒飯(超うまい)

南風と書いて、「ぱいかじ」と呼ぶ沖縄料理店は、石垣島のユーグレナモールのすぐそばにあって、昨日ここに書いた『KAYAK』の通りを1本違う道にある。


石垣島に来たら、先ずは沖縄らしい料理を食べたいと思い、今までいくつかの居酒屋さんに行ったのだけど、そんな中ではこの『ぱいかじ』は、とても美味しくかなりいい感じのお店だった。

料理がどれも、『THE 沖縄』ではなく、どこか少しあか抜けたアレンジがされていて、たとば、『イカスミ炒飯』は、たいてい『イカスミジューシー』として他の店であるのだけど、炒飯が意外な美味しさだったのだ。


『ラフテー』はさっぱりとして食べやすく、『島豆腐のにんにく醤油揚げ』は、後を引く美味しさ。『あおさの天ぷら』は、沖縄に来た気分を盛り上げてくれるし、いつまでも食べて飲んでいたいような素晴らしい居酒屋さんだった。


⭐️島の食べものや南風
0980-82-6027
沖縄県石垣市大川219
 (Click!) 

Img_478bf49f51b8199663b1b7d43b2acb37

いつも石垣島に行くと立ち寄るお店『KAYAK』で、ガラスのグラスを買った。


有機的な形で手に握りやすく、手作りのガラスは口にやさしく飲み物が美味しく感じられる。

このグラスに似た形は、唐津の焼き物に近いものが見られるけど、グラスってこんな風に自由な形でもいいんだ…と新鮮に思えた。


新しいグラスで、旅の思い出とともに家でレモンサワーを飲むのが楽しくなった。

⭐️KAYAK (Click!) 


朝起きると、頭が少し重たい。


「特に何があったわけではないのに・・・」


沖縄で遊び過ぎたのはあるけど、昨日はお酒も控えめだったし早めに休んだのだ。会社に行ってもそれは変わらず、頭がぼんやりしている。心もそのせいか、縮こまってしまっていてどこか不安があるみたい。


どうしてだろう・・・と考えてみて気づいたことは、


「台風がやってくるからかも・・・」


ネットで広がっていた耳を5秒間くらいずつ横や上に引っ張ってみる。


「台風が近づいてくるくらいでおおげさな・・・」


そう僕も思っていたのだけど、台風による気圧の変化は実はバカに出来ないようで、人によっては目眩や吐き気、鬱状態になる人もいるようなのだ。

そもそも、巧妙に出来ているとはいえ、人間の身体の器官はとても繊細だ。今回のように超大型の台風が迫ってくる時は、身体も影響されるのは当然のことなのかもしれない。

東京で普通に仕事をし、家で料理などをしながら、この台風が近づいて来て少しずつ通り過ぎてゆくのをじっと感じていた。

どういうわけかわからないのだけど、台風が近づいてくる時に体調がおかしくなり、遠ざかってゆく時には目に見えてよくなってスッキリとしてゆくのだ。

朝起きると、頭はスッキリとして、いつもの爽やかな気持ちに戻っていた。