Img_1161f390631156b1d4701227f1baa44d
アサリのバジル炒め
Img_68c6652b8fe5d68beb778e0e82b5d7ed
腸詰め
Img_b9e0f0cc9a4fae376d359965a5db6986
何でもかんでも入ってる

今年最初の忘年会を、『台湾人の娘Ken』とXと三人で渋谷にある『台湾料理 故宮』で行った。

日本は、とても沢山の中華料理屋さんがあるのに、実は台湾料理屋さん自体はとても少ないように思う。台湾料理をうたった中華料理屋さんで食べても、なんというか、台湾料理の味がまったくしないのだ。


今回、店の名前にわざわざ『台湾料理』とついていたので、どうなのかな?と思いつつも行ってみたら、コスパに優れた台湾料理店だったのです。

場所は、渋谷駅から東急本店へ向かい、文化村の方に曲がった左側のビルの4階。アラカルトもうまそうだけど、火鍋のコースが飲み放題で4000円で、鍋を辛いものと辛くないもの半々にした場合には4500円で飲み放題。


はじめに、炒めたもやしに挽肉が乗っかったお料理が出て来て、Kenが恐る恐る口に運ぶと、たちまち顔を輝かせて、

「これ、美味しい!お母さん!」と言った。

もやしだけでなく、腸詰めも、アサリのバジル炒めも、確かに普通の中華料理ではなく、台湾の味がするのだ。


やがて運ばれてきた溢れるばかりに具材の入った鍋を火にかける。すると、しばらくしたのちに沸騰してきて、いい具合にスープの量が増し、みるみるうちに鍋に変わった。

ここの火鍋は、いわゆる四川料理の火鍋とは違っていて、辛さ勝負ではない台湾らしい火鍋だ。

笑ってしまうのが、はじめから肉も魚介も野菜も何もかも鍋の中に入っているということだ。別添えは牛肉のみ。

もともと台湾の鍋は、牛肉も豚肉も羊も貝も蟹も海老も練り物も野菜も、何もかも一気に入れて、何が入っているのかわからなくなってしまうものを食べる感じなのだけど、ここの鍋もそれに近くて、日本ではみんな入れる順番を気にするだろうからか、あらかじめ全部入れちゃったような気軽さなのだ。

「美味しいね。美味しいね。お母さん!」

娘の喜ぶ顔を見ながら、温かい忘年会になりました。


★台湾料理故宮
03-3462-6051
東京都渋谷区道玄坂2-23-13 渋谷デリタワー 4F
 (Click!) 

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする